*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんちゃってアウトドア・ファミりーの必須知識・・・・・・ヘビ編
お山ルートの散歩コースが大好きな私とちびっ子さん。

先日、散歩途中にちびっ子さんとかくれんぼをしていると、しゃがみ込んだ背後でカサカサと草の音。
山鳩が草むらを足や嘴で掻き分けて虫を探していたり、よく見るニャンコが静か~に見つからないように距離をとって離れていったり、夏場なら大きなバッタがいたりするので先日も、『また山鳩かな???』
と思いかくれんぼを続行。

ところが聞きなれた、山鳩やカラスが草を掻き分ける音とは何か違う。
振り向くと・・・・ゲゲゲ・・・・。
1mオーバーはゆうにありそうな、大きなヘビさん。
孵化したてのちっこいヘビではなくて、何年物かの大きなサイズ・・・・・ゲロッ!!!
私も驚いたけれど、きっとヘビのほうがもっとビックリして逃げ出したんだろうなぁ~。


慌てて草むらのそばから私も離れ、ちびっ子と通常ルートへ。
青大将ではなかったけど、一体なんてヘビだろう???
毒蛇だったら・・・・

ってことで調べてみました。



先日遭遇したのは、シマヘビさん。

124377701507616103384_20090531_2_1280_20120423215059.jpg

アオダイショウ、ヤマカガシとともに、日本国内の農村でよく見られるヘビである。食性は主にカエル類を主食とする。地表を這い回るため、交通事故に遭いやすく、生息域が道路や塀などで分断されてしまうとそれを越えることができなくなり、現在では都市の周辺では見かけなくなってきている。
無毒ではあるが、歯は鋭く、咬まれると痛い。
シマヘ~1








マムシ
13125366_1299e5d43e_20120423215058.jpg

食性は動物食で、小型哺乳類、小型爬虫類、両生類等を食べる。
夜行性。
平地から山地の森林、藪に棲む。水場周辺に多く出現し、山間部の水田や小さな川周辺で見かけることも多い、時に田畑にも現れる。
日本で最も多くの被害を出している毒ヘビである。
しかし性質は臆病で、よほど接近しすぎない限りはマムシの方から人を咬みに来ることはない。野外で出会って威嚇を受けても、それ以上近寄らずに無視して遠巻きに通り過ぎればほとんど害はない。
咬傷による死亡率は高くないが、年間約3,000人が被害を受け、死者は5 - 10名程度とされる。これは小型であるため毒量が少ないことや、基本的に出血毒であり神経毒が少ないため、効果が局所的に留まり身体全体を冒さないためである。しかし、量は少ないが毒性そのものは強い。
咬傷を受けて20 - 30分後、激しい疼痛、出血、腫脹がおきる。1 - 2時間後、皮下出血、水泡形成、リンパ節の腫脹と圧痛。発熱、めまい、意識混濁など。死亡例の多くは受傷後、3 - 4日後に集中する。
処置:速やかに処置可能な医療機関でマムシ抗毒素血清投与などの治療を受ける。6時間以内の血清投与が推奨されており、少なくとも24時間は経過観察が必要。
mamushi1_20120423215058.jpg







ヤマカガシ

f0000148_23225476_20120423215058.jpg

カガシとは日本の古語で「蛇」を意味し、ヤマカガシは、「山の蛇」となる。しかし実際には平地や、山地でも標高の低い場所に生息し、特に水辺や水田地帯、湿地周辺などに多い。
食性は肉食でカエルを好むほか、オタマジャクシや魚類等を食べる、他のヘビとは違い、ネズミは食べない。
有毒種で、口腔の後方に毒牙を有する後牙類(後牙蛇)で、頸腺から出る毒液を飛ばすこともある。
毒は出血毒であるが、おもに血小板に作用して破壊する性質であるため、クサリヘビ科の出血毒とは違い、激しい痛みや腫れはあまり起こらない。噛まれてから20-30分後ぐらいから、血液の中で化学反応が起こり、血小板が分解されていくことで全身の血液が凝固能力を失ってしまい、全身に及ぶ皮下出血、歯茎からの出血、内臓出血、腎機能障害、血便、血尿などが起こり、最悪の場合は脳内出血が起こる。その毒の強さは LD50=5.3μgと、ハブ(54μg)の10倍、マムシ(16μg)の3倍。
毒液が目に入ると結膜、角膜の充血や痛みを生じ、結膜炎や角膜混濁、角膜知覚麻痺、瞳孔反応の遅延、虹彩炎などの症状の他、最悪の場合失明を引き起こす。
毒牙は奥歯にあるため深く噛まれないと毒の注入が行われず、爬虫類研究者の間でも毒蛇であることはあまり認識されていなかったそうです
ヤマカガシは本来、大人しいヘビで、手を出したりしない限り噛まれることはない。
ykg-1_20120423215322.jpg



さて、もしも猫や犬がヘビにかまれるとすると・・・・。
手でそばえようとする猫は前足を咬まれがち で、クンクン顔を近づける犬は顔を咬まれがち だそうです。

また一番気になる症状や致死率、治療は・・・・。
キバの刺さった穴が2つ空いていて、その周りがぽんぽこぽんに腫れるというのが典型例で、時間とともに噛まれたところが壊死し、化膿を起こす可能性があります。
化膿と壊死が進行することもあるので病院で薬を処方してもらうのを薦めているサイトが多いようです。
犬猫はマムシの毒には耐性があるので、解毒剤なしでも滅多なことでは死なないそうです

治療の基本は抗生剤とステロイドとなってきます。
幼犬や老犬は早めに病院で見てもらったほうがいいようです。


これからの季節、冬眠から覚める生物や毒虫も増えてきます。
人もペットも気をつけるにこした事はないし、見て何に刺されたか、咬まれたかが判れば病院でも診断の役に立ちますよね。

まず特徴から判断できると、遭遇した時に避けやすいですよね。
症状として直ぐに腫れてくれば、マムシ!!!
腫れが直ぐにでないようなら、ヤマカガシかも・・・・。
(犬や猫がマムシ毒に対する抗体を持っているというサイトは多く見かけましたが、ヤマカガシの毒にたいする抗体に関しての記載は見つけられませんでした)・・・・ご存知の方おられましたら教えて下さい。

シマヘビや青大将のような無毒のヘビも咬み付きますのでご注意下さいね。
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
もずくちゃん も シッポさんも 噛まれなくてよかったね~

へびさんには やはり遭遇したくないなぁ~
田園風景豊かな この辺り 気をつけないね~
アルパカのままさんへ
殆どの場合、ヘビさんのほうから逃げていくので、よぽどの不運に見舞われるとか、KYのワンちゃんたちがしつこくフガフガ、クンクン追いかけない限りヘビのほうから襲ってくることはないと思うのですが・・・。
なにぶんウチのちびっ子さんは稀に見るKYだから(笑)
飼い主が注意するしかないですものね。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

シッポ

Author:シッポ
Cafe and Zakka TAILS(テイルズ)
Since June 2009 - Sep. 2011

スタッフ犬NICOは2011/8/29夕刻
更なる自由を求めて旅立ちました。
お友達を誘わないように、言い聞かせますね。
nico2

2011/7/9生まれ もずく
CIMG9869_20120107232625.jpg

現在フリスビーの特訓中
CIMG9976_20120107232620.jpg

シッポの気持ちのショッピング       『ワンコのいる暮らし』






















【犬用】DG 天使のカート New Black Denim Ver.3 M

【犬用】DG 天使のカート New Black Denim Ver.3 M

価格:28,600円(税込、送料込)




シフォン chiffon ラピス

FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。