*All archives* |  *Admin*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子犬の脳震盪・・・・心臓が凍りついた
今年の夏の終わりに交通事故で逝ってしまったちっちゃなトイプードルの「NICO」
運動能力が高い犬種で陽気な性格だったこともあり、仲良しの大型犬ちゃんのお顔に近づこうとしてピョンピョン。
椅子に掛けている私に気づいてもらおうとピョンピョン飛びついたり、部屋の中を駆け回って壁をけってフリップターン。
毎日やっていたことなので、跳ばないように・無茶苦茶な走りをしないようにさせようと思っても1歳前後のパピーちゃんは聞いてくれるはずもなく合計3回、足を滑らせてフローリングの床で頭を強打してはけたたましく「キャン、キャン、キャン、キャン・・・・・キャン」と痛みを訴えましたが幸いなことに大事に至ることなく、しばらく抱いて撫でていると収まっていきました。


9月の末に新しく家族に迎え入れた「もずく(明日で5ヶ月)」もよく似た身体つきで、同じように能天気で陽気な性格。
火曜日の夕飯時に、普段なら軽く立ち上がって椅子をカリカリしたり、フワリと私の足に触ってアピールするだけなのに、この日はどうやら思いっきり助走をつけて飛びつき、着地の時に滑った様子。
フローリングで滑りにくいように7日にトリミングで足の裏の毛も短くカットしたばかりなのに・・・。


ゴンという物音のした方を見ると、身体の左側を下にして四肢を突っ張って硬直した「もずく」の姿・・・・うつろな目とだらりと口から覗く舌先。
8月29日の悪夢がオーバーラップして心臓が凍りつきました。

車に撥ねられた「NICO」は抱き上げるとぐったりとしたヌイグルミのようで、小さな胸に当てた私の手には鼓動を感じることも出来ませんでした。
「もずく」は身体は硬く突っ張っていましたが、鼓動は感じることが出来ました、トロンとした目でも微かに左右に振れていたりして・・・・まだここにいる・・・・でもNICOのところに逝ってしまうかも・・・・・・という例えようのない恐怖。

診察カードのある動物病院で夜間も対応してくれる病院へ家族が電話。
K動物病院はつながらず、次にかけたA動物病院が電話に出てくださりQA。
質問いらないから受け入れてくれるかどうか聞いてよ!!
受け答えをする家族を見ながら抱きしめる「もずく」の硬直が徐々に解けていく感覚があり、頭を上から見ている私は硬直が解けていく意味がわからずほとんどパニック。

「もずく」の前に立って電話をしていた家族には「もずく」の目が徐々にしっかりしてくるのが判ったようす。


すぐに向かう旨伝えて車に乗り込み病院へ。
車に乗せると普段ならはしゃいでジタバタするのに大人しく抱かれたまま。


対応してくださった先生は簡単な問診の後、背骨を首の辺りからシッポの付け根まで触診、首も右・左・上へ頭をぐっと倒して痛がることがないか確認の後、床に下ろして歩行確認。
普段の軽やかさはないけれどトコトコと歩く様子に一安心。

「今のところ大丈夫みたいですね。頭の中は出血していたりしてもレントゲンでは写らないです(どうしましょう?)、暫らく安静にして様子みられますか?」とのアドバイス。
他にどんな選択肢があるのかは説明なし・・・・聞けばよかったのかな?


とりあえず、「もずく」が普通に歩いたこと、小さな声を出したことが何より嬉しく安心しました。
後から出血することもあるとか・・・・今日で2晩(48時間)・・・もう大丈夫かなぁ?

床や階段・ソファーで滑ったり落ちたりして骨折することは良く聞くので注意していましたが、まさかこんな事故が起こるとは思ってもいませんでした。
早速フローリングの床対策考えないと。


何も変わることのない普通の日常、側で何匹もの毛玉っ子たちが寛ぐ風景に安堵する。


子犬の骨折も注意が必要ですが、脳震盪・・・・もうダメって思いました。
よかったぁ。
CIMG8549_20111208233823.jpg
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
こんにちはっ。
もずくちゃん、大丈夫だったんですね。よかったわー。
脳震盪、あずきも経験ありますよ。
一度目は買ったばかりの慣れないカートで地面に顔から落ちて
凄い悲鳴をあげました。
二度目は家のフローリングで走り回っていた時
足を滑らせて、頭を床に「ゴッン」鈍い音と雄叫び・・・。
ヨロヨロとして目もうつろだったのにビックリして
病院に電話をしている間に正気に戻ったので安心しましたが
このままでは同じ事が必ず起こると思ったので
すぐ、ワンコの爪が引っかからないペット用カーペットを買って
出来るだけフローリングの所を無くしました。
まだまだ、これからお転婆盛りのもずくちゃんの為、
滑るのは足にも悪いし、予想外の大怪我しちゃうので
緊急に対策を考えてあげて下さいね。
No title
もずくちゃん、その後どうですか?
驚かれたでしょう?
大事に至らず、よかったですね。NICOちゃんが守ってくれたのかもしれませんね!
子犬のときは、思いもよらぬことをしでかすことが多いので注意が必要ですよね。
うちは、いまだに散歩後テンションの上がったワンコと追いかけっこをすることがあり、気をつけなくては・・・と思いました。
(何度か私がコケています 汗)
それにしても、こんなにカワイイ顔して、もずくちゃんもなかなかやってくれますね。
junjunさんへ
NICOが頭をぶつけた時は「キャンキャン・・・」って大騒ぎしたので、「だから大人しくしてねっていったでしょ?!」ってふうに笑えたんですが、今回のもずくは一瞬でひきつけたように硬直してしまったのでパニックなってしまいました。
大型のワンちゃんを飼っていたときは、3ヶ月だと座っている膝に楽に届くし、ピョンピョン飛びついてフローリングで頭を打つなんてことなかったんですが、お座敷タイプの小さな子ってそういった動きをしがちなのかもしれないですね。
もずくは猫と一緒に飼われていて、猫の動きを目の当たりにしているのも原因かもしれません。
でも、こんなことがあって・・・って話すと、うちの子もやったって仰る方が多いのに驚きました。
実際、頭を打って死んでしまったというヨーキーちゃんの飼い主様と話したこともあるし、小型犬は少しのことが致命傷になるんですね。
柴せんママさんへ
必要以上にピョンピョンさせないようにして、食事中はフセで待てるように、マテの時間を長くしていたんですが・・・躾け方がまだまだなんでしょうね。

人の食事を与えることはないので、貰えないのは判ってるはずなのに・・・困ったものです。
今日はコタツで頭をぶつけて「キャン」って鳴いていたそうです。

「うちの子、もうおばあちゃんなの」って言えるくらい長く一緒に生活したいですよね
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

シッポ

Author:シッポ
Cafe and Zakka TAILS(テイルズ)
Since June 2009 - Sep. 2011

スタッフ犬NICOは2011/8/29夕刻
更なる自由を求めて旅立ちました。
お友達を誘わないように、言い聞かせますね。
nico2

2011/7/9生まれ もずく
CIMG9869_20120107232625.jpg

現在フリスビーの特訓中
CIMG9976_20120107232620.jpg

シッポの気持ちのショッピング       『ワンコのいる暮らし』






















【犬用】DG 天使のカート New Black Denim Ver.3 M

【犬用】DG 天使のカート New Black Denim Ver.3 M

価格:28,600円(税込、送料込)




シフォン chiffon ラピス

FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。