*All archives* |  *Admin*

2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
バネ指持ちの治療日記 其の⑦ O整形外科で消毒( ^ω^ )
手術から5日目、O整形外科にてお里帰りの傷跡チェックです。

こちらは右手中指の不調に堪り兼ねてお世話になった個人の病院。
保存治療であるステロイド系の注射を何度か打ってもらったのち、大きな病院と先生を紹介して頂き手術をしてもらいました。
手術をして頂いたT病院からは紹介状の返信が直接O整形外科に送られています。

さてT病院で、1日にこちらで見てもらってくださいねって言われていたので、予約扱いかもって期待したのですが、そうでは無かった(ノ_<)
結構患者さんがおられたので待たされました。

診察室に入るとO先生が
「T先生が執刀されたんですね」って笑う。(驚いたように・・・呆れたようにも見えました。)

診察室で見た大きめの蝶ネクタイのインパクトが強かったので、ぶっ飛びキャラの有名人なのかも?!って思いながら

「なぜ笑われるんですか?」って尋ねると。

「海外にも行っておられたいた結構すごい方なんですよ、バネ指を手術してくださったんですね〜」
って明らかに『(バネ指)ごとき』って言葉を飲み込んだ気配がありました。

「蝶ネクタイされてましたよ(^∇^)」
って伝えると。
「日本で初めて完全切断の指を繋いだ先生なんですよ。あちらではアレが普通なんだそうですよ」ってまた笑われる。


代名詞で締めくくられると、お馬鹿な私には解りません( ˙-˙ )
“あちら” は海外 だとして。
“アレ” って何の事??
蝶ネクタイファッション??
和かに説明しながら手術されるスタイル???


理解できたのは、
O整形外科のO先生が紹介状を書いて下さったT病院には沢山の外科医の先生がおられる事。

紹介状の宛名はN先生だったけど、当日はT先生が手術に入って執刀してくださった事。

『何故、紹介状のN先生ではなく初めましてのDr.Xが執刀なんだ???』
って手術中 はてなマークが飛び交っていて、術後管理でお会いした時には、大きめの蝶ネクタイファッションで、私の中で不思議ホスピタルの不思議Dr.としてインプットした T先生は実は超有名な名医だったという事。

私はそのT先生に、一番簡単な手術の1つと言われる “バネ指ごとき” を手術してもらった非常にラッキーな患者だったという事。


結局 「“アレ” が普通」の指すアレとはなんなのかは判らないまま帰宅。

海外にも行かれていた大きめ蝶ネクタイをつけた腕の良い外科の大先生をひと言で表す
“アレ”
ってなんだろうなぁ〜(・・;)??

ああいうオシャレが普通という事??


パッチ・アダムス的なお医者様という事??



T病院に勤めてる知り合いがいたはず、聞いてみよう(o^^o)


まだまだリハビリは続いてます。

リハビリで伸ばしても伸ばしても、力を抜くと直ぐに中指はくの字形に戻ってしまいます。

中指がくの字形に曲がってる状態。




左手は真っ直ぐ伸びてます。



少しでも時間があって思いつくと リハビリ。

車の運転中、信号待ちの時などにはステアリングに押し付けて少しづつ伸ばして反らすといった程度ですけどね〜。


左手でサポートしなくても反らすリハビリの出来る中々都合の良い場所です。





次回に続く
バネ指持ちの治療日記 其の⑥ 自宅消毒とリハビリ



手術翌日の予約外来で傷跡の消毒などのケアをして頂いた右手ですが、普通に家事をしたりすると仕事中やお風呂の時にゴム手袋をしても包帯は緩む、汚れる。
当然其の下に貼ってあるガーゼ付絆創膏もヨレヨレになる。

なのでドラッグストアに行って先生が処置してくださったのと似通った素材、サイズのものを仕入れて、剥がれたり、濡れたり、汚くなると毎日のように消毒して絆創膏の交換をすることにしました。

その途中で傷跡もチェック。

検索を繰り返し参考にさせて頂いたブログの中には、周囲が青黒いアザになっていたり、
『傷跡の写真あり、苦手な人は見ないようにしてください』
等と書かれてるサイトも沢山ありました。

でも、私の傷跡は前回の投稿にも書きましたが非常にスッキリ合わさっていて綺麗なもんです。
あえて言うならば「見て見て〜」って自慢したくなる( ^ω^ )


ですがまずはリハビリ紹介から。

手って自然にしていると、ふんわりとカーブをし、中に卵が入るような形になります。
術後の中指は、このカーブに加え第2関節を中心に山形に固まっています。

これが真っ直ぐに伸びるよう、机にペタリと手の平から指の先までが付くように、さらには反らすことが出来るように動かしていくリハビリを 手術の翌日からはやるように言われました。
安静にしすぎるのは良くないのだそうです。


下は力の抜けた状態から手の平と指を伸ばした状態




1分ほどマッサージをしたのち、第2関節を押して伸ばすリハビリ後




テーブルに右手を開いて載せ、その上から左手でそ〜っと押し付けるようにして伸ばすリハビリですが結構痛いです。

何度か押し付けるとペタリと机に付くようになるのですがリハビリを終えて力を抜いていると、ごく普通に卵を包む 力の抜けた自然な形になります。

当然ですが無傷の左手は、卵を包み込む力の抜けた形から何の苦もなくグーパーや、机に手の平をペタリと付けることが出来ます。
ところが右手はというと数分前に出来たペタリでさえ中指が既に山形に戻っている為、左手でサポートしながら同じリハビリを繰り返さないと出来ません。

一気にペタリをするのは私の場合結構痛いので、まず左手で右手中指の付け根から爪に向かってさすって伸ばすように10回ほどマッサージをしてから机に押し付けるのが、痛さがより少なく感じます。

机がないところでは左手の親指から薬指を使って右手中指の第2関節が伸びるように力加減をしながら押して伸ばすというリハビリを思いつくたびに何度も何度も繰り返しています。

バネ指の手術跡にご興味がある方はここから下をどうぞ。








愛犬がズタボロにして毎日遊んでいるヌイグルミの縫い目よりはるかに綺麗。




ほらほら見て〜💕





写真は術後3日目ですから傷跡にはもちろん痛みが有り、これまでバネ指の症状に苦しんだ第2関節にも痛みがあります。


次回に続く
バネ指持ちの 治療日記 其の⑤ 術後ケア:手術翌日
手術翌日 術後管理で外来受診。
主治医のDr.N先生が予約を入れて下さり仰った「T先生に診て貰って下さいね」
に従って受付で、
「予約を入れて頂いてあるのですが」
っと診察券を出すと、診察室の番号を伝えられ該当の診察室前で待つことしばし。

10分程度待ったのち名前を呼ばれ入室すると、昨日気さくに説明しながら手術をして下さったDr.Xではないですか。
ここでDr.Xは“T先生”に変更(o^^o)

目を合わせご挨拶したのち何と無く感じた違和感 ????

先生は包帯を解きながら消毒の準備。
私も手術跡が気になり右手に注目。
聞いていた通り、指の付け根から縦に2cmほどの傷跡と4つの縫合跡=玉留め。
過去に出来た手術跡と比べ、消毒薬の色残り、血液の滲みも全くなく 非常にキレイな傷跡。

消毒薬で傷口を消毒し、ガーゼ絆創膏を貼り、細めの包帯で巻いて終了。



術後1日にして驚きの身軽さ
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
これでゴム手袋が使える♪───O(≧∇≦)O────♪


「この後は、これまでにかかってた病院で抜糸まで見て貰ってもいいし、ウチでも。どちらでも良いですよ」
って仰ったので
「こちらだと予約して頂けるんですか、もしそうならお願いします」
というのに対し
「でも紹介してくれたO整形の先生のところに1回行っておこうか!?O先生も 抜糸もしてあげるよって言われると思うよ」
という流れで、

「O整形に紹介状の返礼を入れておくから、31日にO先生に診て貰ってね〜〜」
と次回の傷跡チェック日が決まりました。

更に
「主治医のN先生にも診てもらうのに予約を入れましょうね」
って事で 9/2。

ところがO整形は8/31は休診日との事で翌日9/1に即変更^_^

なので2日連続で2つの病院で消毒をして頂く流れになりました。

「痛いと思うけれどこの病気はリハビリが大切なので指がまっすぐペタッと机に付くように上から押さえて下さい」
と私の右手を押さえてリハビリの実演サポート💦💦

“先生それ痛いです” って心で呟きながら先生の表情をチラ見。
ここで診察室に入った時の違和感の原因に目が止まりました。

第1ボタンまできっちり留めてトラッド派なのね・・・えっ・・・蝶ネクタイ????

えぇっ??(@_@)


軽部アナ?



ダンディ坂野??



先生の趣味?
フォーマルなパーティ抜けて診察に来られたとか??
フォーマルな蝶ネクタイにしては大きすぎだよね?!!!

心のつぶやきを飲み込んで診察のお礼をして退出。


外科医のイメージというと、江口洋介演じる冷静で熱い進藤先生とか山P演じる超無愛想な藍沢先生なんだけど。








にこやかで穏やかに話されるT先生、嫌いではない。どちらかというと好きな雰囲気。

なんというか不・思・議ホスピタルである(⌒▽⌒)


この日の学習内容
術後ケアは最初にかかっていた個人の整形外科でも、手術をしてもらった大きな病院でも対応して頂ける事。


次回に続く
バネ指持ちの治療日記 其の④ 手術当日
さて手術当日は予約制なので指定の時間に主治医の先生の診察室前で血圧を測り、体温を測ったあと診察室で体調などの問診、さらに隣室で看護師さんからの詳細な問診チェックを経て手術室のある地下へ移動です。
お世話になったこの病院では問診の後は車椅子での移動です・・・先生曰くあっという間に終わる手の手術だというのに
そんな大袈裟なのやだなぁ~(^◇^;)
地下ではこじんまりとした更衣室の中まで車椅子でご案内いただき、術着に着替えます。
実は術着を着るのや手術台に上るのは4回目。あえてカッコ良く言うならリピーター^_^
以前着た覚えのある手術着は、紐で留める浴衣タイプだったけどこちらの術着はプラスチック製スナップで前後ろがペロンと分かれるタイプ。
装置の脱着がしやすくなってるんですね。
脱いだ衣類は鍵のかかるロッカーに入れ鍵は看護師さんに預かってもらいます。
再び車椅子で手術室にある手術台の際まで押して行ってもらいました。
手術台に上がったのがちょうど11:00頃。
簡単な手術でスタッフも2~3人を想像していたのに。
女性看護師さん、モニターなど機材の側におられる先生、N先生、1番気さくに話しかけて下さり説明しながら執刀されたX先生(担当医はN先生だったのでは? Who are you?)、若手らしき先生が2人。
多過ぎないかい(・・?)
左手に点滴、血圧計それから手術に必要なモニター類を足首付近、胸元などあちらこちらに装着されて右手の消毒。
手のひらだけでなく二の腕までガッツリ消毒。
まじまじと見つめていると、アルコールの消毒液が眼に入るとかなり痛いので反対向いて下さいね~~っと注意される(。-_-。)
それでも気になりチラ見して再注意(〃ω〃)
その後、右手側は術布で覆われて見れなくなりました。
局所麻酔を2本。
これまでの保存治療で経験した土星丘へのステロイド注射は超痛かったけど、麻酔注射も劣らずイタイ💦
でも注射以上に辛く感じたのは、右手上腕部を縛って圧をかけ血流を止めるやつ。
麻酔注射はせいぜい1分程度だけど、これは術中ず~っと(。-_-。)
血圧の倍ほどの圧をかけるのだとか「250で」って指示されてました・・・私の最高血圧2倍にしても250いかないんだけど。
過去の手術経験では術中の会話といえば、《大丈夫です、(触れられてるのが)わかります、わからないです、はい》
程度の言葉しか話したことがないけれど、今回は女性看護師さんもドクターも結構話しかけて下さいました。
なので質問なんかしてみたり(o^^o)
「点滴って何のですか?」
「今は体液と同じような成分なんですがこれから抗生剤とか入れていきます」
「では始めますね~引っ張られたりする感覚はわかると思いますよ」
「以前は横に切開していたんだけど、最近は殆ど縦に切ります」
「手術中に血液が噴き出して見えなくなると大変だから血流を止めてるのが痛いと思うけど10分が限度かな、我慢して下さいね」
と言った感じで話しかけてくださる中で、明らかに今、若手に説明してたよね~~って聴き取りにくい会話が有ったりして、もしかすると実習?? って思ったり( ̄▽ ̄)
そんなこんなであっという間に終了
X先生が
「何分?」
「12分です」
「緩めますね、楽になりますよ」って(o^^o)
“12分って・・・・10が限界かな!?ってさっき言ってませんでしたっけ(><)”
これは私の心の声。
そのあとガーゼやら包帯で傷跡を保護して処置は終了。
再び車椅子で着替えに戻り、同様にして診察室へ。
N先生の診察室で術後管理の次回予約を入れていただきました。その日は先生の外来担当じゃないので
「T先生に診てもらって下さいね」って。
車椅子はここまで。
スタスタと歩いて待合室に戻り会計。
前回説明して頂いた通り、着替えから次回の予約を診察室で取ってもらうまでの所要時間は1時間以内。
若干早めに来て下さいと言われていた+30分は仕方ないとしてここから会計が終わるまでが40分以上 _| ̄|○
そうそう前回の外来診察後の注意事項説明て、車を運転してこないで下さいね って言われてたっけ(#^.^#)

術後の右手は切開およそ2cm と聞いていたけど見事なぐるぐる巻き。
ボクサーのバンデージ並み。

これではゴム手袋はめられませんよね~~(。-_-。)
保険分合計金額は処方料などを含め22,950
3割負担なので 6890円
5日分の飲薬代 770円
手術日の合計金額は7660円也
この日気になったのは、右手の中指が手術直後から熱を帯びていてその日 一日中左の指よりも熱かった。
次回に続く
バネ指持ちの治療日記 其の③ 紹介状を貰って大きな病院外来へ
病気にご縁のないぶん大きな病院での診療の流れに疎い私。
紹介して頂いた病院に電話をし
「N先生宛てに紹介状を書いて頂いたのですがどうすればよろしいでしょう?」
と質問をすると、N先生の外来担当の日に診察を受けて下さいとの説明と担当日を教えて頂きました。


紹介状があれば待ち時間も短く、小一時間で帰れるかな程度に思っていたのですが、大きな病院の外来受診というのはそんなに甘くなかった。


念のため病院のHPで受付開始時間を調べ、診療開始の1時間前からスタートする受付に合わせて病院へ。
待合室は既に結構な人数。保険証を提出して、紹介状のあることを伝え、問診票に記入して一旦帰ろうと思っていたのですが
「☆番のところで20分頃には担当の者がいると思うので渡して下さい」
ってファイルを渡され ☆番の診察室付近に移動。

担当の人って何処???
帰れないじゃん(´-`)と、慣れない病院で周りの患者さんたちの行動を観察すること暫し。

場慣れしたリピーターと思われる外来患者さんが病院スタッフを捕まえては話してるのを真似してファイルについて尋ねると、すんなり預かってもらえたので、受付番号が16番というのを確認して一旦帰宅。
余裕を持って病院に戻り診察室前で待機。

受付番号になりN先生の診察室に入ると、これまでの治療歴の確認と、痛み箇所の触診、手術の意向確認、手術の概要説明。
「いつ頃の手術を希望ですか?」
と聞かれたので出来るだけ早くとの希望を伝えると、先生や手術スタッフの日程確認の後、予定日は8/28に決まりました。

さてこれからが手術に向けての事前検査です。

院内にある検査室で血液検査のため採血。
血圧、身長、体重測定
更に別の部屋で耳朶に傷をつけて血液の凝固時間の検査。

N先生の診察室に戻って再度お話を聞いたあと、別室で看護師さんから病歴・アレルギー・日常の嗜好品他の問診チェックがあり、手術当日の注意事項などの口頭説明とそれらが書かれた説明書類、更に
"手術・検査・麻酔 同意書"
なるものを頂き、当時記入して持参する旨の説明を受けました。


手術当日は朝から絶食。
水分はお水、お茶、イオン飲料水なら8:00までOK。
アクセサリー、ネイルなどもダメetc






笑ったのが、
「手術の後かなりグルグル巻きに巻かれますから、袖のゆったりした着やすい服装で来て下さい」
って。
「マジですか??」
っと聞き直すと、ニッコリと頷かれました。

あとは会計を済ませて仕事にGOの予定なのですが、8:00に受付を済ませて帰宅したのは12:00頃。
外来診察は時間がかかります(^◇^;)

請求額は¥8210
3割負担なので¥2460也

次回に続く
バネ指持ちの治療日記 保存治療から紹介状


さてさてバネ指の保存治療ですが
右手に打った注射ですが何もしてもらっていない左手薬指の症状も、私の場合不思議と治っていきました。
でもこの保存治療だとバネ指は多くの場合再発するんですって( ;∀;)
勿論 なん割かの方は完治するらしい。

webで調べても保存療法だとかなりの高確率で再発するとありました。
またこの治療で打たれるステロイド系の注射に3回のリミットがあるのは、鞘が弱ってしまうからだそうです。

私の場合、2回目の注射までの期間が3ヶ月だったので次回も同じくらいのスパンだろうと予測していたのですが、想定以上に再発は緩やかで3度目の注射に整形外科に行ったのは2度目の注射から半年ほど後のこと。

腫れや痛みは早々に戻ってきたものの、カクンとなって指がロックされる症状が出てくることはなく、グーが出来ない。
つまりグーに握ると中指だけが握り込めなくて浮いでしまうんです。



だましだましバネ指と仲良く暮らし、生活に不自由さを感じた頃にまた注射をしてもらうということで3回の注射リミットを使い切ったのは初回治療から1年半ほどの期間を経た時。

次は手術の時期を考えなきゃなぁ〜って思っている頃、別件でかかったバネ指手術の出来そうな総合病院の外科で、“まだ生活に支障をきたすまで酷く再発が進行していない状態でのバネ指手術について” 相談をしたところ、
「その症状だと切ってもあまり効果を感じられないかも」
って言われ成る程そうかもね〜〜って思っい、症状がもっと固まってからいつもの整形外科で相談しようと決心しました。

バネ指の場合、命に関わる進行性の病気と違い早期手術に大してありがたみはないよというのがこの時お話をした先生から受け取った印象でした。

そうこうしてバネ指と付き合っているうちに症状は進み右手薬指の付け根もジワ〜っと痛みだしました。
スパゲッティをくるくるとフォークで巻く事が難しくなり、運転席のドアに中指を掛けて引き寄せて閉める事が出来なくなり、ウインカーの操作が出来なくなり


ホチキスが右手で止められなくなり、メイクの時にビューラーを握り込めなくなり



シャンプーのポンプが押せなくなった。
更には筆記用具が使い辛くなってきたのです。

バネ指って腱鞘炎の一種らしく、指の使い過ぎが原因というような記事も目にしました。
病名を知っている友人からは、
「腱鞘炎みたいなもんでしょ?! 中指、何に使いすぎたの??」
って聞かれて
「マウスの右クリック程度(^◇^;)」
と答えた記憶あり。



いやぁ、私の中指って使っていないようで結構働き者だったんですね〜〜(*゚▽゚*)

病名がわからなかった未受診の頃と違い、注射と再発を繰り返し、手術をしてもらう病院を決めるまでに病名「バネ指」が分かっていると術後管理や、体験ブログなど調べたい事もサクサクっと検索できるようになったので、いろんな人のバネ指投稿を読ませていただきました。

でも、紹介状の必要性がイマイチ理解できなかったんです。
個人の病院に行った後「バネ指」手術で別の病院にかかられた方のブログも読んだけど紹介状についての記事は見つけられなかった。

再発を繰り返す間に長いインターバルがあるわけなのでバネ指手術の出来る外科がある大きな病院に直接行って治療経過を話してから手術してもらうのと、かかりつけの病院から紹介状を書いてもらうのではどちらが患者/消費者にはメリットが有るのか??
バネ指ブログやHPから離れ、検索ワードを変えてwebで調べたところ200床以上の病院にかかる場合、紹介状がある方がトータルの治療費が安くなるとのページを見つけました。
また、その規模の病院では紹介状のない場合選定療養費という名称で治療費がかかるとの内容も。

家計を預かる小市民ですから当然、紹介状をお願いするという結論に達しました。
勿論深刻な病気や長期間治療している場合、治療歴やアレルギーなどの情報も共有出来るので検査を繰り返す無駄や出費も省けますね。

手術すると2週間は右手を濡らせなくなると言われていたので、水遊びシーズンが終わるのを待っていつもの整形外科に紹介状の依頼の電話をすると「診察に来て下さい」って。
なので紹介状を書いて頂くために診察してもらいに行き
「切ることに決めましたか?!」
って笑われながら、近くで手術の出来る病院を幾つか教えていただき、希望する病院を伝えるとN先生宛てに紹介状を書いて下さいました。

人生初の医療 紹介状。
表書きには私の辞書にはない言葉

“N先生 御待史”

またまたwebで調べました。
幾つになっても学ぶことはいっぱいありますね〜

「御侍史/御待史」
「おんじし」と読む。これは医師の宛名書きに使う尊称(脇付)で、たとえば「佐藤様」とする代わりに「佐藤先生御侍史/御待史」と記す。「御侍史/御待史」以外に「御机下(おんきか)」も使われる。
 いずれも意味は同じで、「私ごときが先生に直接お手紙を書くなんてめっそうもないので、先生の秘書様(=御待史)宛てに、ものを申し上げます。」という使い方をするのだそうです。


次回に続く
バネ指持ちの治療日記 まずは病名診断から保存治療
なん年ぶりの投稿でしょう(^◇^;)

自分自身webで沢山調べていろんな方の投稿や記事を参考にさせて頂いたので、私の書き散らしでも参考になる箇所もあるかもしれないと思いシリーズ投稿します。

朝、手の指が浮腫んだようになってグーパーがしにくいなぁって出産後からしばしば感じていたのが、ここにきて頻度が増し痛みや、曲げ伸ばしのしにくさを感じ出し病気かもって思い始めたのは2年前。
不安解消に、まずはwebで病名と何科にかかれば良いのかを調べることからスタート。
検索ワードは 
《手の指、むくみ、痛み》

ヒットする病名は
リュウマチ、痛風、膠原病、狭窄性腱鞘炎(ドゥケルヴァン病)、ず~っとお付き合いしなければいけない不安を高めるような病名がゾロゾロと出てきて青くなる日々:(;゙゚'ω゚'):

有難いことにこれといった深刻な病気の経験がなく、身内にも病人らしい病人が居ないとあって想像できる病名もなく・・・。

病院に行く面倒臭さに負け、痛みと腫れと一緒に暮らすのに慣れた頃、指をグーに握るとカクンという感じで右手単独では自力で中指が伸ばせなくなりました。
左の薬指にも違和感が有ったのですが右手の方が症状はキツかった。

仕事中PCのマウスに乗せている右手の中指は退社時刻にはマウスのサイズよりも小さく握る事が単独では全く出来なくなる日々に耐え兼ねて、とうとう市内にある個人の整形外科を受診しました。

さて診察です。
問診の後、言われる通り手をグーパーするのを観察し、該当の指の関節・付け根などを触診し痛い箇所の確認だけで「バネ指ですね!」って即診断。レントゲンも無し。



(病院に行った時点で、左手薬指の症状は何処かに雲隠れ???)

「随分長くこじらせてるようなので注射しましょうか?!注射打つと痛みもカクンという違和感も治ります。普通にグーパーもできるようになりますよ」
って言われ深刻な病気でないというニュアンスに安心し注射を打って頂くことに。

二の腕を想像していたら、右手のバネ指になっている中指の付け根。
土星丘と呼ばれるところにブス~~ッと1本。
「この注射ちょっと痛いですよ」
って言っては下さったけど・・・我慢強い方だと自負してはいたけれど、これが痛いのなんのって(ノ_<);
幽体離脱を試みるε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

注射を打ちながら、先生が笑っているように見えて【ドSに違いない!!】と感じたのがこの病院の1番の印象。

注射の後、「今日は右手は濡らさないようにして下さいね。症状はこれで治るけど、この注射ができるのは3回まで、そのあとは手術になります。ここでは出来ないので紹介状を書くから大きな病院で手術してもらうともう再発することはないですよ」って。
どう聞いても手術すると楽だよって匂いがする。
【回数リミットがあるなら、打つってオファーする前に言ってよ(´-`)。】

その日は土星丘のジンジンする痛みに耐えながら家に帰り、さらっと家事の手を抜き、食後の洗い物を家族に任せ、手袋をはめてお風呂。
翌朝には随分症状が緩和された右手に天にも登る気分でした。

そしておよそ3ヶ月。
先生の予告通り、バネ指は再発しました。

でも、注射で治ることに味をしめ、この時はこじらせる前、症状が軽いうちに注射目的で病院へ。
「注射します?!手術したら再発はしませんよ!! 付け根のところを2cmほど切開して鞘を切るだけだし、手術も10~15分ほど」
と手術のの資料を見せてくださりながら仰る先生の言葉には、前回同様 手術の方が繰り返さなくて楽ですよってニュアンスがありあり。





でも3回注射してからでいいやって思っていたので予定通り痛~~い注射をしてもらうと、前回の2~3倍、注射後の痛みが続きました。

夜の診察時間に打ってもらった1回目の時は、帰って休むだけだったのと比べ、注射で1日がスタートだったからかバネ指の症状が消えていく感覚はほとんど無くジンジンと痛む土星丘に耐える1日でした。

もし、同じ症状でこのステロイド注射をされる方が居られるなら、1日が終わる夕方からの診察時間に打ってもらうのが私はオススメです。

1回目の注射は翌日にはかなり効いたのに、2回目の注射では症状を感じなくなったのは注射から2日目くらいでした。
もちろん体調とか個人差があると思うのであくまでも個人の感想です。


次回に続く
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

シッポ

Author:シッポ
Cafe and Zakka TAILS(テイルズ)
Since June 2009 - Sep. 2011

スタッフ犬NICOは2011/8/29夕刻
更なる自由を求めて旅立ちました。
お友達を誘わないように、言い聞かせますね。
nico2

2011/7/9生まれ もずく
CIMG9869_20120107232625.jpg

現在フリスビーの特訓中
CIMG9976_20120107232620.jpg

シッポの気持ちのショッピング       『ワンコのいる暮らし』






















【犬用】DG 天使のカート New Black Denim Ver.3 M

【犬用】DG 天使のカート New Black Denim Ver.3 M

価格:28,600円(税込、送料込)




シフォン chiffon ラピス

FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR